消火器

消火器

消火器には建物により設置基準があり、定期的な交換整備が必要になります。
法令で対象物の関係者にその実践が義務付けられています。

小型粉末消火器

消火器にも寿命があります!

・消火器の寿命は(容器の耐用)は8年です。
・製造年より8年を過ぎた消火器は、新しい物とのお取り替えをおすすめ致します。
※設置場所・環境により錆、腐食、変形などが発生した消火器は、8年以内でも新しい物とお取り替えください。

廃棄消火器の取り扱い
1.普通のゴミとは違います。所とかまわず放置しないでください。
2.廃棄消火器はすみやかに処置してください。
3.廃棄消火器を、勝手に分解しないでください。
4.絶対に廃棄消火器の放射はしないでください。

平成16年6月に消防法が改正され、一般住宅にも火災警報器の取り付けが義務化されました。
• 新築住宅は平成18年6月1日から義務されます。
• 既存住宅は、各市町村条例で制定されいてます。

報道されていますようにここ数年、火災による死亡事故が増加しています。
火災の早期発見、お住まいのご家族の安全や、家財の被害を最小に押さえるためにも、住宅用開催警報器の取り付けをお勧めいたします。